読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンビニエンスライフ

生活を便利に 計画を念入りに

「第2段」iqos(アイコス)の在庫があるコンビニは、あなたの街にもある。その場所とは...

どうも、コンビニエンスライフの中の人こと、私です。

 

アイコスが日本各地で売り切れ続出、品薄状態が続いている。

キャンペーン割引の恩恵を受けるために、新品にこだわるために、コンビニで予約をした人もいるが、「5ヶ月待ち」とかはザラなようで、先着順の予約のためすでに自分より前に何人も予約待ちの状態であるという状況も往々にしてある。またアイコスの入荷が未定のため予約を受け付けてないコンビニも多い。

  

 

ただ、ゲットできないことはないようだ。私の周りを見てみても、「メルカリでゲットした」「ネットオークションで買った」等の人間がちらほらいる。

 

 

 

 

しかし、ゲットするからには、せっかくクーポンがあるのだから安く買いたいし、ましてやホルダーに直接口はつけないとはいえ、中古品に少なからず嫌悪感を抱く人も多いように思う。だからコンビニで買うことをおすすめする。今となってはキャンペーンの割引は3,000円オフとなってしまったが(2016年12月31日まで)、コンビニで買うの諦めるのは時期尚早という気がする。

 

以前に駅のホームの中に入っているコンビニが狙い目であると書いた。

odebuwaiku.hatenablog.com

 

今回もアイコスの在庫がありそうなコンビニを紹介したい。

 

アイコスがあるコンビニはあなたの住んでいる街にもある、いや、今はそのコンビニはないかもしれない。だが、この先建つ。もしくは出来たばかりだ。

 

そう、狙い目は、新規オープンしたコンビニだ。ないし、新規オープン予定のコンビニである!

  

コンビニ情報!

コンビニ情報!

  • Project The Sun
  • ニュース
  • 無料

 

と、ここまで書いたのだが、新規オープンのコンビニでさえも、入荷に制限がかかっており、予約しても入手できるのがかなり後になってしまうコンビニも少なくないようだ。

 

というのも、私が住んでいる地域(片田舎)ではこの間セブンイレブンが市内4店舗同時オープンした。これまで、セブンイレブンがなかった地域である。とうとうこの未開のエリアにも攻めてきよったか!という風情であるが、ローソン、サークルK等の他の大手コンビニは以前より存在していた(アイコスはどこも入荷待ちの状態だったが)。

 

 

セブン-イレブンだけがなぜ勝ち続けるのか (日経ビジネス人文庫)
 

 

 

オープンした日の朝、開店と同時に、早速私は3店舗に電話をかけ、在庫の状況を確認した。すでに一つ持っているが、チェーンで吸いたい時のためにもう一つゲットしたかったのだ。

アンサーは3店舗とも、「在庫はございません、入荷も未定です」とのことだった。

やはりか。望み薄ではあったが、新しいコンビニであるからして、在庫もデフォルト、つまり万全の状態で売られているかと思ったが、アイコスに関してはその限りではなかったらしい。

 

セブン-イレブン 鈴木敏文帝国崩壊の深層

セブン-イレブン 鈴木敏文帝国崩壊の深層

 

 

ただ、オープンしたばかりの時間に電話したため、電話に出てくれた人の忙しさが嫌というほど伝わってきた。「こんな時間に電話するなよ」とでも言いたげな雰囲気がビシビシ伝わってきたし、そんな忙しない時間に電話して申し訳ないという気持ちもあった。店員さんも早く電話切りたい一心で、私の問い合わせを迅速に処理しようとしている節も見受けられた。

落ち着いて聞いてみたら、本当は予約を受け付けていたかもしれない。一番忙しい時間に電話してしまったことは大きなミスだ。

 

 

ということで翌日、オープンした店舗の内2つに出向いて聞いてきた(しつこいな)。どちらの店舗とも、店員さんに聞くところによると、オープンした時点から在庫はないが、予約は受け付けているとのことだった。やはり予約受け付けていたのか・・・電話では予約を受け付けているというアナウンスすらする時間がなかったというのだろうか、そこまでの忙しさは確かに伝わってきたが。

 

ただ、すでに5人ほど予約を受けているので、順番が回ってくるのはかなり先になるということだった。「かなり先ってどれくらいなんだ」と思ったが、予約してまで買う気はなかったため笑顔で退散。しかしもう5人も予約が入っていたとは驚きであった。

 

 

もしかしたら、この5人はオープンにすでに予約を実行していたかもしれない。オープン前に店舗の電話番号を知る術はある。近くのセブンイレブンでは、オープンの前から、おそらく一週間くらい前には「オープニングスタッフ募集」という紙がでかでかとガラスに張られていたのだ。ネットでも出てくるだろう。この時点で予約をすれば、オープンと同時にアイコスを手に入れることもやぶさかではないはずだ。

 

 

ここにアイコスをゲットする上で有益なサイトを紹介しよう。

日本中の開店と閉店についての情報を集めたサイトだ。

kaiten-heiten.com

 

コンビニの開店情報はこちら↓

http://kaiten-heiten.com/category/shop/convenience/?s=【開店】

 

電話番号もバッチリ載っているところが多い。近くにオープン予定のコンビニがあればラッキーである。地域別でも探せるので活用されたし。

このサイトを見てわかる通り、同じ日、ないしは近しい日付に複数のコンビニがオープンすることが多いみたいだ。セブンイレブンが猛威を振るっていると思っていたが、ローソンやファミリーマートも全国では続々オープンしているのだな。

 

芥川賞をとった村田沙耶香の『コンビニ人間』がとっても面白かったが、この本を読んで分かったことは、自分が思っている以上に、コンビニは在庫管理やスタッフの対応、また清掃等、様々なカスタマーへの配慮と環境の整備に努めているということだ。さすがにオープン直後の電話では慌ただしい接客であったがこれは詮無いことである。

 

 

コンビニ人間

コンビニ人間

 

 

あと、最近になって気づいたが、アイコスはホワイトとネイビーによって触感が異なる。色によって質感が違うことはもちろん触ってみないと見た目ではわからないことだが、ホワイトのは皿を食器用洗剤で洗った時のような「キュキュッ」とした質感、ネイビーはどちらかといえば「ヌルヌル」した感じで撫でごごちがいい。ホワイトの方はツルツルの斜面に置くとと滑って落ちそうだが、ネイビーの方はシリコンカバーのような表面のため滑り落ちはしにくそうである。私が購入した時はホワイトしか選べなかったが、どちらか選べるならネイビーにしたかった。まあ、カバーを付ければ問題ない話だ。