読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンビニエンスライフ

生活を便利に 計画を念入りに

IQOSで素敵なカーライフを。

アイコスを使用し始めてほぼ1ヶ月、味はミントに落ち着いてきた。アイコスのヒートスティックはタールがなく、味を4種類から選ばなくてはならないからキツめのタバコを吸っていた人や、特殊なタバコを吸っていた人、3級品を好んで吸っていた人は無理くり4種類の中から自分にあったもの選び、アジャストさせていくしかないだろう。まあでも立て続けに吸うことができないので、以前より吸う本数は増えても、劇的には増えないだろうと思う。健康にもいいしやはりアイコスはオススメだ。

 

私は全ての味を試したが、タールが10以上のタバコを吸っていた人はどの味も最初は物足りなく感じると思う。キツさを求めるならメンソールの刺激が「なるさ」を補完してくれるだろうが、私個人としてはメンソール味よりミント味の方が美味いと感じている。あとバランスドレギュラーは喉が痛くなるのですぐ手放した。バランスドレギュラーとレギュラーはタバコの匂いとは言わないがアイコス独特の匂いが他のものより強いが気がした。それでもタバコの匂いよりは嫌煙家によって嫌厭されることは少ないだろう。

 

最近また気づいたことがある。車を運転する際に「タバコからアイコスに変えて良かった」と実感することが多い。「タバコと服」「タバコと飲食店」「タバコとトイレ」等、タバコにはそれ自体に加えて様々なシチュエーションで問題が起こる。

ドラマも起こる。「火貸して」等のタバコミュニケーションはなくなるが、今なら「それ何ですか!今流行りのアイコスですか?どこで買ったんですか?」という質問攻めにあうようなタバコミュニケーションが期待できる。いや、期待できるどころか頻繁にあって少々うざったいが。

『タバコ片手におとこのはなし』 ~20代の切なさ、恋の孤独と、女友達  GLAMOROUS BOOKS

『タバコ片手におとこのはなし』 ~20代の切なさ、恋の孤独と、女友達 GLAMOROUS BOOKS

 

 フリースタイルダンジョンで面目躍如のLiLyさんタバコ吸ってたのか。

 

「タバコと車」問題について、アイコスが解決してくれる事案も数多くある。

 

俺はこれまで自分の車でタバコを吸っていた。車でタバコを吸っていた時に最も嫌だったのが、「灰が散らかる」ということ。どんなに慎重にタバコを扱っても灰は落ちる。そして車を運転しながらだと慎重さも普段の時と比べると数倍落ちる。吸う時は窓を開けるから灰が風で舞ったりもする(たまに窓閉めきって車内でタバコを吸っている人を見るが苦しくなったり気持ち悪くなったりしないのか疑問で仕方ない。我慢してるの?)タバコの火を消す時に、最近はもみ消したりする必要がない灰皿も多いが、消火の際にも灰がこぼれてしまうことも多い。

 アイコスなら、これらの諸問題が一気に解決するのだ。灰が出ないということ。これはものすごいメリットだ。車の中の清潔さが一気に上昇。匂いも消えて一石何鳥だ?というくらいだ。匂いがタバコと比べて段違いなので窓を開ける必要もない。冬に窓を開けてタバコを吸うのが寒くて本当に嫌だったが、アイコスならシバリングしている俺を軽々サルベージしてくれるだろう。火を消す必要もないし、ていうか火がついていないから単純に運転がしやすい。手元狂わされることもない。信号で止まった時にカバンをゴソゴソしたかったらその辺に適当に置いておけるし、アイコスは常に手に持っておく必要がない&置くときもタバコほど慎重に置く必要がない。タバコは窓を開けて吸っても匂いが少しは残るが、アイコスならそれも極少だ。この間会社の車でアイコスを吸ってみたが、バレなかった(別に吸ってもいいからバレてもいいのだが、吸う人がいないので肩身が狭い)。

 

あと、これは俺くらいの自堕落な性格をしている人にはすごくメリットなのだが、アイコスは灰皿が要らないというのは結構デカい。これは灰が出ないから灰皿が不必要という意味ではなく、吸い殻入れを持たなくてもいいというのがミソだ。車の灰皿が吸い殻でいっぱいの時がよくあって(捨てろよ。いやでもガソリンスタンドもセルフが多いし捨てるの面倒くさいんだよな)、そういう時無理やりねじ込んだりしていたが、アイコスなら吸い殻入れがなくても大丈夫だ。

 

「ん?アイコスにも「吸い殻」は出るよね?」

 

確かにそうだ。しかし、吸い殻を入れるところもゴミ箱もない場合、アイコスならヒートスティックが入っていた箱に戻すことで解決できてしまうのだ。

タバコだったら吸い殻を入れると汚いし、何より新品のまっさらのタバコの中に鎮座するシケモクの匂いが臭い。その他いろんな点で抵抗がある人も多いだろう。しかしアイコスは清廉潔白なスティックたちの中に紛れこませてもタバコの吸い殻と比べても匂いはほとんどしない。これは一般的にはそこまで知られていないだろうアイコスの利点だ。灰皿がなくても吸えるということだけでなく、吸い殻入れa.k.aゴミ箱すら要らない。

 

吸い殻をポイ捨てする人もいるけど、アイコスなら箱に戻すだけだ。ポイ捨てなんてしてる人たちは少しでも良心の呵責があるならアイコスに変えるべきだ。ゴミ箱に捨てる際も火の始末を気にしなくて良い。ポイ捨てなんてしないって人も、携帯灰皿を持ち歩く必要もないアイコスの前では立つ瀬がないだろう。もちろんライターも要らない(てか、俺アイコスの回し者みたいな物言いだけど全く利害関係者とかではないです。一人のコンシューマーとしての意見だ)。ヒートスティックの箱は中で左右にパーティションで区切ってあり、半分ずつ同じスティックが入っているので、どちらかを吸い殻入れにすれば良い(以外と便利)。

 

強いて難をあげるとするなら、アイコスのスティックは吸い殻と新品の区別がつきにくい。長さも変わらないし、フィルターも汚れない(口紅とかつけてたり口元が汚い人は付着するのでわかります)。加熱部分に焦げ跡がつくのでそれを見て判断するしかないかもしれない。あと、匂いが出ないと言っても少しは出るので出来るだけ早く捨てよう。

あと、前の記事に少し書いたが車に乗りながら充電もできる。シガーソケットにつないでスマホと同じように充電できるのもありがたい。

 

 

 

iqos(アイコス)の在庫があるコンビニは、あなたの街にもある。その場所とは... - コンビニエンスライフ